ごみも再利用可能な資源もここで解決! ポイントはコツコツ断捨離!  林商店に行ってみました!!(福野地域) なんと未来支援センター

なんと未来支援センター

ごみも再利用可能な資源もここで解決! ポイントはコツコツ断捨離!  林商店に行ってみました!!(福野地域)

2020/10/21
福野地域の林商店のHPもごらんください。わかりやすくまとめられていて理念も素敵です!!
福野地域の林商店のHPもごらんください。わかりやすくまとめられていて理念も素敵です!!
ここのコーナーは土日も空いているので、必要に応じてぜひご利用ください。
ここのコーナーは土日も空いているので、必要に応じてぜひご利用ください。
たくさん廃品を持参した時は車ごと計測可能。鉄、古紙、プラスチックなどそれぞれ単価が違うので、詳しくは聞いてみてくださいね。
たくさん廃品を持参した時は車ごと計測可能。鉄、古紙、プラスチックなどそれぞれ単価が違うので、詳しくは聞いてみてくださいね。

プレス機でつぶした紙はおよそ1トンになるそうです。
プレス機でつぶした紙はおよそ1トンになるそうです。
新聞紙とチラシは分別して出しましょう。
新聞紙とチラシは分別して出しましょう。
アルミ缶プレス機。ここに載せるとアルミ缶やスチール缶などが分別できる優れものなんです。
アルミ缶プレス機。ここに載せるとアルミ缶やスチール缶などが分別できる優れものなんです。

お鍋や、蓋も出せます!
お鍋や、蓋も出せます!
要らなくなったアルミサッシもここで出せますよ。
要らなくなったアルミサッシもここで出せますよ。
鉄材も小さく切り刻むことなく、そのまま出せます。
鉄材も小さく切り刻むことなく、そのまま出せます。


みなさん、こんにちは。なんと紹介し隊です。

 南砺市では南砺へのIターン、Uターン、Jターン、嫁ターン…をサポートすべく体験ハウスを用意していて、南砺に暮らすように泊まりながら移住後の生活を想像してもらえる環境を設けています。体験ハウスってなあに?って方は2020年6月22日のなんと紹介し隊【移定住ブログ】をご覧ください。

 さて、今日は南砺市にある林商店さんの様子を紹介します。ちなみに、林商店さんは、福野地域と福光地域の2カ所が市内にはあります。どちらにいこうか迷ったら、福光地域の林商店のほうがオススメです。費用がかかるものや許可がいるものなど、いろいろな幅広い品の受け入れが可能だそうですよ。



  10月〇日 はれ   林商店 (福野地域)を見学 


 この日は午後から、林商店さんへ見学にいってきました。というのは、先日9月の移住者の方々との交流会で資源ごみやそのほかの廃材の片付けの話が出たんです。古民家を買ったら、縁の下から色々でてきて、どこにどう片付けたらいいのかと。そのときに、地元だとクリーンセンターか林商店さんに行くよと話がでたんです。そこで、こんな風に、情報を求めている移住者さんがたくさんいるかもと思い、今回の見学が実現しました。

 さて、林商店の敷地には、とても広い空間にいろいろな廃品が分類されていました。見学中も次々とトラックや一般の客さんも廃品をもっていらしていましたよ。


場所は高儀駅近くで建物に(株)林商店と大きく書かれているので、比較的わかりやすく、初めてでも行きやすいと思います。

小学生のわが子にも、見せてあげたかった!!!この日、こんなにいい機会をいただけたことに感謝するとともに、次世代を担う子供たちにぜひ現場を五感で感じてほしいと思いました。





 林商店さんの思いは以下のものです。
【科学性】
私たちは 未来の子どもたちへ美しい地球を受け渡す 環境美創造企業です

【社会性】
私たちは ものを大切にする文化を追求し やさしさ溢れる
持続可能な地域社会の実現を目指します

【人間性】
私たちは お互いを思いやり信頼し合い
彩り豊かな幸せのハーモニーが響きわたる会社をつくります


 移住者さんだけでなく、地元の方たちにもポイントを伺いました。断捨離や、就活という言葉が最近聞かれます。片付けを一度に行うのはとても大変。例えば、大きなお宅でお住まいの方がおられなくなったあとに、残された遺族で片付けるのは本当に大変です。林商店さんでもご相談にのってもらえるようですが、大きなお宅で車庫もあると、片付け日費用に100万円かかることもあるのだとか。ポイントは年に1度ずつでもいいのでコツコツ断捨離を行うことだそうです!

今回、社長の林 紀孝さんや営業企画部部長の酒井けい子さんから、いろんな温かく、そして熱い思いをうかがえ、機会があれば子供たちにぜひ見学をさせてほしい!!と思いました。
また、社長の林さんは、福野小学校を始めたくさんの学校で子供たちに吹奏楽を教えていらっしゃるそうです。地域の子供達への活動にも熱心な林さんとお話ができ、このご縁をまた大切に地域や移住者さんにつなげさせていただきたいと思いました。

お話を伺った後は、従業員の酒井さんに案内させていただきました新聞紙、チラシの山の近くには数人の従業員さんが新聞紙とチラシに仕分けをしておられました。ペットボトルも同様ですが、しっかり分別しておかないと、再利用に回せなかったり、純度が低い再利用資源としてしか、使えなかったりするそうです。ペットボトルはラベルとキャップを必ず外してから出すようにしてほしいとのことでした。

私たち一人一人の小さな行いが未来の子どもたちへ美しい地球を受け渡すことへつながります。

林商店はどなたでも廃材を持参できますので、ぜひご利用になってみてください。


お知らせ;林商店さんでは、来春に今の林商店一部の土地でリユースショップをオープンさせる計画中。野菜や果物と同様にリユース品も地産地消ができる!まだ使える「もったいない」という心を形にすべく、近くの市外までいかずとも、南砺市内にリユースショップができるとは(^^♪ますます便利に地球に優しい施設となりますね。みなさん、お楽しみに!!!

移住してきたけど○○はどこで買えるの?とか○○は誰に聞いたら教えてもらえるのとか疑問や質問があれば、ぜひなんと未来支援センター 林までお問合せください!!!


 暮らしに密着したところを見学してみたい、興味があるとか、どんな感じかを体験したい、話を聞きたいという移住希望者の方、なんと未来支援センターにご相談ください。


 体験ハウスや移住わがまま・ガイドの詳しい内容へのお問い合わせは、南砺市南砺で暮らしません課(TEL.0763-23-2037)までお願いいたします。

 また、体験のご案内は、なんと未来支援センターが行います。


移住しようかなと思ったら南砺市にご相談を‼
カテゴリー:なんと紹介し隊【移住定住ブログ】

Copyright (C) 2020 なんと未来支援センター All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る