南砺へ移住を考えているNさんとなべちゃん農場での一コマ なんと未来支援センター

なんと未来支援センター

南砺へ移住を考えているNさんとなべちゃん農場での一コマ

2020/07/10
作業しながら楽しい会話が進みます
作業しながら楽しい会話が進みます
青い服の方が渡辺さん
青い服の方が渡辺さん
福光の道の駅にある南砺のオススメ。渡辺さんのお米は右端。
福光の道の駅にある南砺のオススメ。渡辺さんのお米は右端。


 みなさん、こんにちは。なんと紹介し隊です。

 南砺市では南砺へのIターン、Uターン、Jターン、嫁ターン…をサポートすべく体験ハウスを用意していて、南砺に暮らすように泊まりながら移住後の生活を想像してもらえる環境を設けています。体験ハウスってなあに?って方は2020年6月22日のなんと紹介し隊【移定住ブログ】をご覧ください。

 さて、今日は、先日太美山地域のなべちゃん農場での農業体験をされた、移住希望者Nさん(体験ハウス利用)と納屋での活動をご紹介します。

 なべちゃん農場の渡辺さんは無農薬栽培を行っておられます。


  6月〇日 雨 納屋での精米作業

 この日は朝から雨のため、朝9時半から移住希望者Nさんと渡辺さんは精米作業です。精米の一連の作業ができる大きな機械が、納屋に入るとすぐ目に留まります。

 渡辺さんのお米の納品先は、金沢の提携しているレストランや地元の道の駅や城端のホテル。玄米と白米があります。米ぬかも納品する所もあります。

 田んぼの中の草を取ったり、あぜ草を刈ったり一つ一つが手作業です。

 まごころこもった、「人と自然にやさしい自然栽培米」をぜひ試してみてください。渡辺さんのこだわりは、ラベルにも至り、五箇山の和紙を使われています。

 農業体験をされた移住希望者Nさんは「地元の方々との交流から一番効率よく移住のきっかけやノウハウを実感を通して学べる」と話されていました。

 無農薬の農業に興味があるとか、移住したら田畑をやりたいからどんな感じかを体験したいという移住希望者の方、なんと未来支援センターにご相談ください。


 体験ハウスや移住わがまま・ガイドの詳しい内容へのお問い合わせは、南砺市南砺で暮らしません課(TEL.0763-23-2037)までお願いいたします。

 また、体験のご案内は、なんと未来支援センターが行います。


移住しようかなと思ったら南砺市にご相談を‼
カテゴリー:なんと紹介し隊【移住定住ブログ】

Copyright (C) 2020 なんと未来支援センター All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る