南砺市って広いよね?! なんと未来支援センター

なんと未来支援センター

南砺市って広いよね?!

2020/07/08
閑乗寺から見る景色
閑乗寺から見る景色

皆さん こんにちは。なんとし紹介し隊です。

さて、今日は南砺市の地域をざっくりとご紹介したいと思います。

 2004年(平成16年11月)に、南砺市が誕生しました。8つの町村(城端町、平村、上平村、利賀村、井波町、井口村、福野町、福光町)が合併したのです。

災害が少ない県として有名な富山県。南砺市もそうであり、大きな山々に守られている、そんな場所です。

気候は、典型的な日本海側気候で、冬は寒く、降水・降雪量が多い地域です。

中でも、城端、平、上平、利賀、福光の各地域は、特別豪雪地帯に指定されており、山間部では最大積雪深が3メートルを超えることもあります。

また、平野部では春先の強風や台風、冬の雪、夏の暑い日差しを遮るため、散居村特有の「カイニョ」と呼ばれる屋敷林で家屋を守っています。


富山県の南西部に位置し、北部は砺波市と小矢部市、東部は富山市、西部は石川県金沢市と白山市、南部は1,000メートルから1,800メートル級の山岳を経て岐阜県飛騨市や白川村と隣接しています。

 面積は668.64平方キロメートル(東西約26キロメートル、南北約39キロメートル)で、そのうち約8割が白山国立公園等を含む森林であるほか、岐阜県境に連なる山々に源を発して庄川や小矢部川の急流河川が北流するなど、豊かな自然に恵まれています。

また、市北部の平野部では、水田地帯の中に美しい「散居村」の風景が広がり、独特の集落景観を形成しています。


さて、閑乗寺公園という場所が井波地域にあります。ご存じでしょうか。

地元だと、子連れで自然を満喫しキャンプやBBQしたり、友達とテニスをしたり・・・いろいろ遊べる場所です。展望サイトでは、ここでしか味わえない砺波平野を見渡す最高の景観が楽しめます。

この夏のお出かけにちょっと訪れてみてはいかがでしょうか?

移住しようかなと思ったら南砺市にご相談を!!
カテゴリー:なんと紹介し隊【移住定住ブログ】

Copyright (C) 2020 なんと未来支援センター All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る