[開催報告]令和3年度第一回各地区取り組み発表会 安居地区協議会「自主財源確保の取り組み」についてを開催いたしました。 なんと未来支援センター

なんと未来支援センターは、地域づくりの中間支援組織です。

なんと未来支援センター

[開催報告]令和3年度第一回各地区取り組み発表会 安居地区協議会「自主財源確保の取り組み」についてを開催いたしました。

2021/07/22
竹の伐採
竹の伐採
竹の解体
竹の解体

令和3年度第1回各地区取り組み発表会 安居地区協議会「自主財源確保の取り組み」についてをZoomにて開催いたしました。

自主財源確保に関心のある24地域づくり協議会37名の方々に、ご参加いただきました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

安居緑地広場の受付業務や、安居地区の竹林を行かしたメンマ作りについて発表いただきました。
メンマにつきましては、今後営業免許の取得など販売に向けて活動されています。


今後も、Zoomによる開催やコロナウイルス対策を徹底できる体制で、随時各地域の先進的な事例紹介を行なっていきたいと思いますので、是非ご参加よろしくお願いします。

Q&A

Q メンマの取り組みで、協議会で行うとなると人件費はいくら程度を考えていますか?
A 時給1000円

Q メンマ作りには、何人の人が関わっていますか?
A 2人

Q すすたけでメンマ作りはできますか?
A 細かすぎて無理だと思います。

Q メンマの評判はどうですか?
A 味は思ったよりも良いみたいです。

Q 女性部の代表窓口は毎年入れ替わりがありますか?
A 協議会の役員の任期が2年としていますので、2年毎の改選となります。

Q 当地区ではアルミ缶や段ボール等、小学校PTAで回収し資源としているが、安居地区ではどうしていますか?
A 安居地区では地区のPTAの回収はありません。

Q 今後さらに収入を増やしていく工夫や取り組みは考えていますか?
A まだネタはありますが現在秘密です。
カテゴリー:新着情報
月別アーカイブ

Copyright (C) 2019 なんと未来支援センター All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る